エントリー

カテゴリー「雑記」の検索結果は以下のとおりです。

禁酒

  • 2022/08/20 21:50
  • カテゴリー:雑記

色々とジタバタする中で、気分転換の一つとして取り入れた飲酒の習慣。
だが、最終的に一周回って全く飲まなくなった。

ウィルス禍の中で改めて酒と一対一で向き合うことで、自分が意外に酒好きなことに気付けたことは良かった。
しかし、自覚していたよりも遥かに重度な下戸であることもわかってしまった。
下戸、というか体質が全く合っていないという感じだ。
猪口一杯しか飲んでいないのに、翌日精神状態がやたら不安定になったりする。
最初は気のせいかとも思ったのだが、注意深く観察を続けていると明らかに再現性がある。
いわゆる二日酔いというような重いダルさがあるわけではなく、無自覚に精神活動が低下しているというところがむしろ厄介だ。
これは影響がデカイと思い、飲酒はひとまずストップすることにした。

飲酒習慣の中で、文章や絵の作業をアルコールの勢いでガーッと雑に作業して後から修正する、という浅はかな思いつきを試したりもしていたのだが、これも失敗に終わった。
昔、飲み会の後ぐわんぐわんになった状態でゲーセンでSTGをやると、敵弾がスローモーションに見えて意識が加速しているように感じられた、なんてことを思い出す。
しかしそれは、単に脳の情報処理能力が低下しているだけで、スーパープレイをしている気分でザコ死するだけだった。
ドラッグには脳をバグらせて気を紛らわす以上の意味はないと、改めて思い直した次第。
(でも飲酒ゲーはカオスで楽しいよ!)

とりあえず手元に残った酒は、何か特別な日にでも飲むことにしようと思う。

本2

  • 2022/07/30 22:02
  • カテゴリー:雑記

昨年のブログで、「全部電子書籍で済まそうと思ったけどやっぱ紙の本必要だわ」という今更な記事を書いたのだが、これまた今更改めて思い直したことを記しておきたい。

昨年の記事では「電子と紙とでは読み手のモードに変化があるから、用途に合わせて選べ」的なことが書かれているが、最近思うのは「電子と紙とではそもそも情報量が全く違う」ということだ。
どちらも文字を記録したものであるのは同じだが、紙の本はその物自体が情報の塊なのである。
形、色、重さ、手触り、匂いなどを持つ、謂わばテキストの肉体である。
情報量が多い生身のお付き合いなのである。
だから、電子と紙で読み手のモードに差が出るのは当たり前のことで、オンミーティングとオフミーティングの使い分けが重要になってくるわけである。テキストの概要だけを求めるならば電子媒体で十分、お前の全てが欲しいのであれば紙媒体が必須、といった具合に。

個人的に紙媒体が欲しいのは、やはり小説である。
小説は概要を得るためのものではなく、読み手自身が膨らませたイメージを体験するものだから、生身と直に向き合いたい。お前の全てが欲しい。
テキストのみではなく、形、色、重さ、手触り、匂い、味、その他を余すところなく感じ、イメージを膨らませたいのだ。じゅる。

シュー

  • 2022/07/17 23:35
  • カテゴリー:雑記

シュークリームを上手く食べられない。
どうしても中身のクリームがはみ出してしまうのだ。
酷い時などは盛大に飛び出し、周囲の環境を汚染してしまうこともある。
これは、焼いた生地に後から穴を開けてクリームを注入する、というシュークリームの構造的脆弱性によって必然的に起こり得るエラーだが、単なる私の不注意だとも言える。
だから、シューを食す際はクリームがはみ出さぬよう、そろりそろりと細心の注意を払って歯を入れなければならない。

しかし私は、そんなことに気を取られながら菓子を食べることに嫌気が差し、ナイフで四分の一にカットし各ブロックを一口で食べるという戦法を採ることにしたのだ。
勝った!
勝ちはした……が、面倒臭い!
そこまでしてシュークリームを食べなくてもいいような気もしてくる。
というかそもそも、別にシュークリームとかそんな好きじゃないし。
賞味期限のリミットで安売りしてるのを雑に購入してるだけだし。
じゃあもう食うなよお前は。

……はっ!
し、しまった!
これは……これも、「失敗に対する過剰な恐れ」の顕れなのではあるまいか!?
そして、失敗を恐れるあまり行動が消極的になっているのではあるまいか!?
くそう、なんたることだ!
シュークリームを上手く食べられないことが何だと言うのだ。
今の私に必要なのは、失敗しないスマートな方法などではなく、厄介なシュークリームというエラーの巣窟に噛み付いてゆくガッツだ。
そういう意味ではサイトのソースをtableタグで書き殴ったことも、悪いことではなかったのだ。(反省して書き直したが)
フフフ、シュークリームの奴め、今度会った時は覚悟するがいい!

ぐりっど

  • 2022/07/11 20:57
  • カテゴリー:雑記

去年末、突如頭にキたNOIEの手によって、鉄鋼団サイトは決断的table段組みサイトとして熱狂的回帰を果たした。
その時は最高に気分が良かった(どうかしている)のだが、google先生にゴミ扱いされるし散々なので、頭を冷やしソースを書き直すことに。冷やしソース、即ちCoolなSourceだ。

今回採用したのは、コメント欄で赤松弥太郎氏が言及していたgridを使った方式。
コイツはなかなかイイ。方眼紙を求めるtable脳と非常に相性がイイ。
そもそもtableを使い続ける羽目になったのは、これまで他にまともな方眼紙が無かったからだ。
gridはその辺のニーズを完璧に満たしていると言える。というか、いつまで経ってもtableを方眼紙として使い続ける馬鹿が減らないからブチギレてそのものズバリのCSS版方眼紙をお出ししてきたということなのかもしれない。

というわけでこの度、表以外でのtableタグが全て廃止されgridに置き換わることで、長きに渡る鉄鋼団table段組みデザインの歴史に終止符が打たれたのだった。
しかし油断してはならない。
我々table勢はいつかまた突如として反旗を翻し、キショイtableサイトを爆誕させるやもしれぬ。
心に方眼紙がある限り、tableは常にその選択肢から外れることはないのだから。

しざー2

  • 2022/06/19 11:31
  • カテゴリー:雑記

先週雑記で触れた、ハサミによる決断的キリング行為について、気付いたことがある。
それは、この行為の瞬間に訪れる後ろめたさである。
失敗を未然に回避し、美しい開封を実現出来たことによる喜びと同時に、何故か後ろめたさをも感じている自分に気が付いたのだ。

その後ろめたさの原因は、「失敗に対する過剰な恐れ」ではないかと思う。
包装の開封がグダグダになるのが本当に嫌なのだが、この失敗はハサミという重武装を持ち出してまで回避すべきものなのか、という気もする。
失敗してもべつにいーじゃんと思えないのは何故なのか。
些細な失敗を許容出来ぬ心の狭さ。弱さ。
それを恥じているのだ、私は!

このままハサミを使い続ければ、さらに心が脆弱化してしまうのではないだろうか?
そろそろハサミを卒業したほうが良いのではないだろうか?
そんな思いがよぎる。

ハサミを使わない心の強さ、あるいはハサミを断固として使い続ける心の強さを手に入れなければならぬ。

しざー

  • 2022/06/13 04:36
  • カテゴリー:雑記

ハサミで包装を切るブームが来ている。
私の中で。
マイブームというヤツだ。
ハサミで、包装を、切る。キル。
昨今の包装には大抵切り口が付いており、手で開けることが可能になっている。
しかし、それは罠だ。
あの切り口は、モノによっては全く機能しない場合がある。
それどころか、切れない切り口を深追いし過ぎてグダグダになるという悲劇を引き起こす可能性すらある。
その時の精神的ストレスたるや。
だから、端からハサミを持ち出し切るのだ。キルノダ。
ヂョキリ。ヂョキリと。

クレジット

  • 2022/06/05 22:38
  • カテゴリー:雑記

ふと目にしたCMで、イメージキャラクターとして起用されている有名人の顔と名前が一致しない、ということがよくある。
名前は知っているのに、顔と紐付いていないために、その人であると認識出来ない。
別にそれで困ることもないのだが、キャストの表示があれば一致するのにな、と思う。
というか、アピールするなら自己紹介くらいしろよ、とも思う。
広告の顔として使われる有名人は、有名人だからこそ起用されていて「皆さんご存知」ということなのだろう。
「当然知ってますよね?え?知らないの?ウッソうーわダッセェ死ねよ」ということなのだろう(違う)
しかし、流行が多層的に細切れになっている昨今、「皆さんご存知」という一方的な押し付けはまあまあ危ういのではないだろうか。
CMにも映画みたいなクレジットを付けたほうが良いのでは?
馬鹿馬鹿しくも思えるが、将来的に拡張現実とかで実装されそうな気がしないでもない。

深夜のカップラーメン

  • 2022/05/29 21:20
  • カテゴリー:雑記

深夜に無性にカップラーメンをキメたくなる時がある。
そういう時のために深夜専用のカップラーメンを常備している。
しかし、食べるタイミングには細心の注意を払っており、これを消費することは滅多に無い。
夜食は不健康だからほどほどに、とかそういう理由もあるにはある。
しかし、そんなことよりも何よりも、完璧なタイミングで深夜カップラーメンをキメたいのだ。
完璧なタイミングとは?
それは、深夜カップラーメンの旨さがピークに達した瞬間だ。
己が、深夜カップラーメンを渇望していると認識した瞬間だ。
この判断は慎重にしなくてはならない。
誤れば後悔だけが残ることになる。
タイミングを外して雑に食べてしまった深夜カップラーメンの満足度は低く、徒にカロリーを摂取しただけで何の感動も味わえない。
だが、完璧なタイミングでキメれば、深夜カップラーメンの威力は計り知れない。高級食材もワンパンで倒せる旨さの暴力がある。圧倒的な暴。迸る脳汁。
それを味わいたくて、タイミングを見計らっているのだが、完璧な瞬間はなかなか訪れない。
だから、基本は食べない。
深夜カップラーメンはほぼ食べないことが正解なのだ。
それでも、完璧な瞬間を求め、思わず「旨ぇええええええ!!」と叫びたくなるあの瞬間を求め、チャンスを狙い続けている。

ばらんす

  • 2022/05/22 23:49
  • カテゴリー:雑記

漫画を読んだり読まなくなったりする。
昔からそうなのだが、私はどうにもバランスの悪い漫画読みだ。
「読む期」には漫画ばかり熱心に読み漁っているのだが、「読まない期」には全く読まなくなってしまう。
これは、活字や映像や音楽などについても言える傾向なのだが、漫画に関しては特に酷い気がする。
それで特に困るわけでもないので、べつにいいじゃんとも思う。
しかし、もうちょっとバランスの良い漫画読みになりたいという願望がある。
というか、「読まない期」の自分のあまりの読まなさっぷりにある種の薄情さも感じていて、それを改善したいとふと思い立ったのだ。
ここ数年、ちょい筋トレ、ちょい絵描き、ちょいブログ、ちょい朗読、ちょいジョギングなどを実践することで、習慣化の技術がわりと身についてきたので、漫画読みもルーティンに加えてみたい。

性格

  • 2022/05/16 01:25
  • カテゴリー:雑記

性格は変えられるだの変えられないだのという話を振られるのがどうも苦手だ。
話題そのものに興味が無いわけではないのだが、この手の話が出てくる時は、言い出しっぺが暴論を展開した上で一方的に押し付けてくることが多いからだ。
そもそも性格とは何を指しているのか?変えるとはどういうことなのか?といった出発地点の整理を提案しようものなら「そういうことじゃない」と切り捨てられ、煙たがられてしまう。
ディスコミュニケーションの回避の試みを拒絶される、というディスコミュニケーションに陥ることになりがちだ。
面倒臭いと思わるかもしれないが、人間の性格などというものがまず抽象的で面倒臭いものなのだから仕方が無い。
面倒臭い話から面倒臭さを切り捨てて語ろうとすることが苦手だ。

ページ移動

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

えーい
2022/08/30 21:39
禁酒
2022/08/20 21:50
不定期
2022/08/11 23:15
本2
2022/07/30 22:02
シュー
2022/07/17 23:35

新着コメント

Re:STARLIKE BGM 84~85
2022/10/06 from 権限がありません
Re:えーい
2022/10/06 from 権限がありません
Re:えーい
2022/10/06 from 権限がありません
Re:えーい
2022/10/04 from 権限がありません
Re:えーい
2022/09/27 from ぽけし

新着画像

新着トラックバック

Re:STARLIKE BGM 10~14
2022/07/27 from Moving from hawaii how to ship

過去ログ

Feed