エントリー

2012年11月の記事は以下のとおりです。

曲とか

ファイル 358-1.jpg
STARLIKEの現状は、曲を作りながらシナリオとグラフィックをコツコツ進めている感じです。曲優先なのは鉄鋼団的にはいつもの製作スタイルですね。
物語で重要となるシーンの曲をいくつか先に作っておくと、シナリオやグラフィックもイメージし易くなり、そこを目指して進むことが出来るので、大体曲ありきで作ります。
というか曲を絡めた演出が私の好物なので、自分自身に餌をちらつかせることでモチベーションを高める効果があります(笑)

そんなこんなで武者ゲロを吐きつつも進行しておりますです。武者ゲロって何だよですが、単に使いたいだけです。しかしSTARLIKEは第二部で一端仕切り直しになるので、インスト曲も結構増えたりなんやで実際オートな気分ではあります。
それに加え、どう考えても後半にならないと使わない曲なのに「思いついちゃったから今作るしかない!」というパターンがあり、次回第漆話の製作としては若干足踏みしている感も…。
しかし思えば第一部の時からそんな調子だったので、第一部で貯めていた分を今使えるということでもある!先行投資!ヤッタ!
…たぶん。

第ニ部のことを少し

ファイル 357-1.jpg
ハムスタア育成バトルSLG"STARLIKE"の後編にあたる第ニ部「星奉編」について、少し触れよう…かなと思ったのですが、ストーリー構成上予告情報を出しづらいな~と改めて気づきました(^^;
ほとんどのことがネタバレになってしまうなあ、と。

STARLIKEはそもそも1~5話くらいでまとめるつもりでスタートした作品でした。というか、ほんの出来心で1話を作ったので、第壱話が完成した段階でわりと満足してしまい、そこで打ち切りでもいいかな、くらいの感覚だったと記憶しています。単なる悪ノリバトルモノだったらそこまできっちりやることもないかな、という感じです。
第弐話の公開までにだいぶ時間がかかってしまったのは、育成パートの作成に手間取っていたのもありますが、このまま続けるか否か迷っていたというのも大きいです。

ただ、そこで第ニ部の構想が出てきてしまったんですね。
第弐話を本気で作ろうと思ったのはそれからだと思います。荒くれ者共とのバトルを中心に描いた第一部はそのまま前編としてきっちり作るとして、その後必ず第二部には繋ぐことを決めました。
このように第ニ部ありきで始めたわけなので、製作者にとってここからが真の峠となります。しかし現在のところ、マジで山頂が霞んで見えません。
武者震いならぬ武者ゲロが出そうです!

練習

  • 2012/11/08 00:31
  • カテゴリー:雑記

ファイル 356-1.jpg
STARLIKE第ニ部では絵をた~くさん描かなくてはならない、というわけで練習なんかもやってます。
第ニ部では女性キャラクターが(比較的)多く登場するので、頑張らないといけないのですが、なかなか上達しないですね~…。

画像は久々に描いてみたKinoko3の清菊。
練習台として人選を間違えた感。
Kinokoキャラは、Kinokoっぽさを出そうと意識してどこか引っ張られますね。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

STARLIKE 第拾話 Ver.4.33
2017/11/14 22:02
STARLIKE 第玖話 Ver.4.33
2017/11/13 21:25
アウト
2017/10/24 22:00
アイデンティティが問われる。
2017/10/20 22:52
中間報告
2017/10/12 22:43

新着コメント

Re:アウト
2017/11/10 from  
Re:アウト
2017/10/29 from サンシタ
Re:アウト
2017/10/26 from テルミン
Re:アウト
2017/10/25 from Dada
Re:アウト
2017/10/25 from 森広

新着画像

過去ログ

Feed