エントリー

2022年05月の記事は以下のとおりです。

深夜のカップラーメン

  • 2022/05/29 21:20
  • カテゴリー:雑記

深夜に無性にカップラーメンをキメたくなる時がある。
そういう時のために深夜専用のカップラーメンを常備している。
しかし、食べるタイミングには細心の注意を払っており、これを消費することは滅多に無い。
夜食は不健康だからほどほどに、とかそういう理由もあるにはある。
しかし、そんなことよりも何よりも、完璧なタイミングで深夜カップラーメンをキメたいのだ。
完璧なタイミングとは?
それは、深夜カップラーメンの旨さがピークに達した瞬間だ。
己が、深夜カップラーメンを渇望していると認識した瞬間だ。
この判断は慎重にしなくてはならない。
誤れば後悔だけが残ることになる。
タイミングを外して雑に食べてしまった深夜カップラーメンの満足度は低く、徒にカロリーを摂取しただけで何の感動も味わえない。
だが、完璧なタイミングでキメれば、深夜カップラーメンの威力は計り知れない。高級食材もワンパンで倒せる旨さの暴力がある。圧倒的な暴。迸る脳汁。
それを味わいたくて、タイミングを見計らっているのだが、完璧な瞬間はなかなか訪れない。
だから、基本は食べない。
深夜カップラーメンはほぼ食べないことが正解なのだ。
それでも、完璧な瞬間を求め、思わず「旨ぇええええええ!!」と叫びたくなるあの瞬間を求め、チャンスを狙い続けている。

ばらんす

  • 2022/05/22 23:49
  • カテゴリー:雑記

漫画を読んだり読まなくなったりする。
昔からそうなのだが、私はどうにもバランスの悪い漫画読みだ。
「読む期」には漫画ばかり熱心に読み漁っているのだが、「読まない期」には全く読まなくなってしまう。
これは、活字や映像や音楽などについても言える傾向なのだが、漫画に関しては特に酷い気がする。
それで特に困るわけでもないので、べつにいいじゃんとも思う。
しかし、もうちょっとバランスの良い漫画読みになりたいという願望がある。
というか、「読まない期」の自分のあまりの読まなさっぷりにある種の薄情さも感じていて、それを改善したいとふと思い立ったのだ。
ここ数年、ちょい筋トレ、ちょい絵描き、ちょいブログ、ちょい朗読、ちょいジョギングなどを実践することで、習慣化の技術がわりと身についてきたので、漫画読みもルーティンに加えてみたい。

性格

  • 2022/05/16 01:25
  • カテゴリー:雑記

性格は変えられるだの変えられないだのという話を振られるのがどうも苦手だ。
話題そのものに興味が無いわけではないのだが、この手の話が出てくる時は、言い出しっぺが暴論を展開した上で一方的に押し付けてくることが多いからだ。
そもそも性格とは何を指しているのか?変えるとはどういうことなのか?といった出発地点の整理を提案しようものなら「そういうことじゃない」と切り捨てられ、煙たがられてしまう。
ディスコミュニケーションの回避の試みを拒絶される、というディスコミュニケーションに陥ることになりがちだ。
面倒臭いと思わるかもしれないが、人間の性格などというものがまず抽象的で面倒臭いものなのだから仕方が無い。
面倒臭い話から面倒臭さを切り捨てて語ろうとすることが苦手だ。

やっぱり怒っている

  • 2022/05/08 20:39
  • カテゴリー:雑記

やっぱり怒っている。
なんだかもうわけもわからずプンプンしている。
しかし、こういう状態の時ほどやる気もあるし活発に動けている。
チクショウ、コノヤヤロウと呟きながらすこぶる調子が良い。
結局、そういうタイプのエンジンの持ち主なのだろうと思う。
このエンジン、正直面倒臭いので載せ替えるかデチューンするかしたいのだけれど、いかんせんそれは無理な話である。
色々試行錯誤して悪足掻きしてみたりもしたが、結局自身の体力と論理回路を強化することでこのクソエンジンを乗りこなしてゆくしかないのだと悟った。
人間、本質的な部分を都合良く書き換えることなど出来はしないのだ。
三つ子の魂百までも、とはまさに。嫌な言葉だぜ!プンプン!

ギョエン

  • 2022/05/02 04:08
  • カテゴリー:雑記

仕事が急遽キャンセルとなり、東京のど真ん中でぽつねんとすることとなった。
こういう時はとりあえず東京観光をして帰る、というルールにしている。
前回は確か、渋谷のでかいビルの屋上にいたずらに登ってみたりした。
なんちゃらスクエアには入場料2000円くらい取られた記憶があるが、今回訪れた新宿御苑は500円なのでだいぶリーズナブルだ。
新宿御苑は地図上で見て「大きな緑地がある」くらいに思っていて、これまでさほど気に留めてこなかった。
しかし、実際に足を踏み入れてみると脳内スケールよりもかなり広がりがあって驚いた。
この手の公園は、なんとなく「森と池がある薄暗い空間」という漠然としたイメージ(偏見)を持っていた。
もちろん御苑には森も池もたくさんあるのだが、それよりもだだっ広い野っ原が広がっていることのほうがインパクトがあった。
ビル群の中にぽっかりと開かれた空間があると、余計に広く感じられるのかもしれない。
原っぱとお空と、遠くに望む偽エンパイアステートビルの対比もなんだか良い。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

えーい
2022/08/30 21:39
禁酒
2022/08/20 21:50
不定期
2022/08/11 23:15
本2
2022/07/30 22:02
シュー
2022/07/17 23:35

新着コメント

Re:えーい
2022/10/06 from 権限がありません
Re:えーい
2022/10/06 from 権限がありません
Re:えーい
2022/10/04 from 権限がありません
Re:えーい
2022/09/27 from ぽけし
Re:シュー
2022/07/30 from NOIE

新着画像

新着トラックバック

Re:STARLIKE BGM 10~14
2022/07/27 from Moving from hawaii how to ship

過去ログ

Feed