エントリー

2021年09月の記事は以下のとおりです。

下手脳

  • 2021/09/19 23:44
  • カテゴリー:雑記

相変わらず模写を続けているが、この日課については大雑把に二つの効果を意識している。

一つ目は、ペンで線を引くという身体感覚を忘れないようにすること。
一人でゲームを作っていると、作画作業以外では全く絵を描かなくなってしまうことが多い。
フィジカルな動作はブランクがあると途端に鈍るので、素振りは重要。

二つ目は、「下手脳」の整理。
絵が下手なままなかなか上達しない人は、視覚情報の脳内補正が強いのではないか?という仮説を私は持っている。
つまり、自分の描いた絵を見る際、脳内で画像データに補正を加えまくっているせいで、下手さに気付けないというわけである。
これは多かれ少なかれ、人間誰しもが持っている性質ではないかと考えている。
私はそれが多いタイプで、視覚情報に嘘が混入しがちな「下手脳」持ちなのだと思う。
自分の絵の改善点に気付けないと、当然上達も出来ない。
この厄介な脳内補正をキャンセルするのに、模写は一定の効果があると思っている。
手本が存在するので、厳然たる事実とのギャップを意識することが出来る。
ギャップの傾向が解れば、補正値を逆算して自身の視覚の歪みを少しずつ正してゆくことも可能であろう。

  • 2021/09/12 19:26
  • カテゴリー:雑記

髪を描くことが苦手、というか七面倒臭いくてダルイという心理的ハードルがあったので、しばらくヘアスタイルに注目して模写を続けてみることに。
やっぱり面倒だなあと思いつつも、描いてるうちに少しずつ楽しめるようになってきた。
大事なのは最初にシルエットを綺麗に決めておくことで、そうすれば細部をちまちま整えてゆく作業もやる気が起きてくる。
後はブロック毎にパーツ分けして、修正し易くしておくと精神的に楽。これはデジタルならではの利点だ。
なんというか絵そのものの練習というよりは、改めて自分の傾向と対策を研究して使い方を模索している感じ。

あだんそん

  • 2021/09/05 16:33
  • カテゴリー:雑記

風呂場で頭を剃っていたら、足元をうろついていたアダンソンハエトリが脛を登攀し始めた。
ジョロウグモはキモくて嫌いだが、ハエトリグモとアシダカグモはガードロボットとしても優秀だし可愛いので好きだ。
ヒトクライミングをそのまま放置していると、アダンソンはいつの間にか頭の天辺まで到達していた。
ミッションコンプリート。
虫に知性と呼べるような代物は備わってはいないだろうが、反射的な達成感のようなものは感じているのかもしれない。
こういうフィジカルで原始的なプチ実績解除は、私も精神の安定のために生活に取り入れてゆきたいと何となく思ったり。
そう言えば日課の落描きはそれに近いかも。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

下手脳
2021/09/19 23:44
2021/09/12 19:26
あだんそん
2021/09/05 16:33
スマートガラパゴス
2021/08/29 18:53
ミリペン
2021/08/22 19:28

新着コメント

Re:あだんそん
2021/09/09 from NOIE
Re:あだんそん
2021/09/06 from タラバガニ
Re:アンチ
2021/08/22 from NOIE
Re:アンチ
2021/08/20 from 蘇我星河
Re:アンチ
2021/08/17 from NOIE

新着画像

過去ログ

Feed