エントリー

星札の新仕様について

再連載版Ver.4から取得時の効果が変更となった星札ですが、仕合時の並び順を決定するルーチンについてもご意見を頂き、修正することに致しました。

星札は新しい種類の札を獲得すると、無地の「空札」が対となって取得されるようになっています。これはマイナス効果の「黒星札」の枠を兼ねたハズレ札なのですが、旧仕様では星札の種類を多く獲得するほどハズレ札も増えてしまうというデメリットがありました。
空札は「副作用をゲーム性に盛り込む」というコンセプトから、意図的に盛り込まれた仕様でしたが、Ver.4で星札の効果の重要度が上がったことと、星札収集の意味が中途半端になってしまうことを考慮し、仕合時のシャッフルの仕様変更でデメリットを軽減することに致しました。これらは再連載版に順次反映してゆく予定です。

以下、新仕様についての概要です。

■星札並び順決定方法

①仕合開始時、および星札デッキ終端到達時にシャッフルしデッキを設定。

②デッキは所持している星札の枚数分で構成される。
(星札の最大所持数は、基本40枚+特殊札)

③シャッフル時、空札1枚毎に判定を行い「10+星札所持数×2 %」の確率で対象の空札が対となる星札の複製に変化。
(所持数に比例した確率で空札が塗り潰される)

④「皇」札がデッキに含まれる確率は「20+星札所持数×2 %

⑤基本札所持数20枚以上で「皇」札の含有判定回数+1(ダブり可能)

⑥基本札所持数40枚で「皇」札の含有判定回数+2
(基本札所持数40枚の場合デッキ内に
「皇」札を3枚までセット可能)

⑦「ダム」札を所持している場合はデッキに必ず含まれる。

ページ移動

コメント

失礼ですが、わたゆキーチさんとKeithさんって同一人物だったりするのでしょうか?

  • 2015/06/22 22:44:30

NOIE

別人ですよ。
わたゆキーチのキーチさんは「ウルフラット ENTERTAINMENT WORKS」
主催の進藤キーチ氏です。

Keithは声優の吉良克哉です。

  • 2015/06/22 23:03:37

森広

何か色々と面倒をかけて申し訳ございません。
これはデッキ恒星時に持ってる星札は全部入る上に、
更に空札を星札や皇札で塗り替えていくという事ですか?
星札の方はダブり可能かどうかは言及されてませんが、
確かにこれならばリソースを費やす程の価値はありそうです。
後半戦での強敵相手には潜在アドバンテージは高くなりますね。
これで仕事で星札取りとセッちゃんの体力伸ばしに励めます。
試合にかけたターン数を踏まえた出現率の確率計算をしなきゃ(使命感)

  • 2015/06/23 08:51:41

NOIE

デッキには皇札以外は、所持している札全てが含まれます。
空札は所持数が多い程塗り潰される確率が高くなり、
複製された「命+」等の星札はデッキの中にダブって存在することになります。
所持数が多くなるほど強力な札が分散しがちになりますが、
複製効果によって出現率が若干上昇します。

  • 2015/06/23 23:49:03

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

新着コメント

Re:中間報告
2017/10/22 from Ag
Re:中間報告
2017/10/20 from NOIE
Re:中間報告
2017/10/15 from 星河
Re:中間報告
2017/10/13 from テルミン
Re:中間報告
2017/10/13 from 森広

新着画像

過去ログ

Feed