エントリー

性格

  • 2022/05/16 01:25
  • カテゴリー:雑記

性格は変えられるだの変えられないだのという話を振られるのがどうも苦手だ。
話題そのものに興味が無いわけではないのだが、この手の話が出てくる時は、言い出しっぺが暴論を展開した上で一方的に押し付けてくることが多いからだ。
そもそも性格とは何を指しているのか?変えるとはどういうことなのか?といった出発地点の整理を提案しようものなら「そういうことじゃない」と切り捨てられ、煙たがられてしまう。
ディスコミュニケーションの回避の試みを拒絶される、というディスコミュニケーションに陥ることになりがちだ。
面倒臭いと思わるかもしれないが、人間の性格などというものがまず抽象的で面倒臭いものなのだから仕方が無い。
面倒臭い話から面倒臭さを切り捨てて語ろうとすることが苦手だ。

やっぱり怒っている

  • 2022/05/08 20:39
  • カテゴリー:雑記

やっぱり怒っている。
なんだかもうわけもわからずプンプンしている。
しかし、こういう状態の時ほどやる気もあるし活発に動けている。
チクショウ、コノヤヤロウと呟きながらすこぶる調子が良い。
結局、そういうタイプのエンジンの持ち主なのだろうと思う。
このエンジン、正直面倒臭いので載せ替えるかデチューンするかしたいのだけれど、いかんせんそれは無理な話である。
色々試行錯誤して悪足掻きしてみたりもしたが、結局自身の体力と論理回路を強化することでこのクソエンジンを乗りこなしてゆくしかないのだと悟った。
人間、本質的な部分を都合良く書き換えることなど出来はしないのだ。
三つ子の魂百までも、とはまさに。嫌な言葉だぜ!プンプン!

ギョエン

  • 2022/05/02 04:08
  • カテゴリー:雑記

仕事が急遽キャンセルとなり、東京のど真ん中でぽつねんとすることとなった。
こういう時はとりあえず東京観光をして帰る、というルールにしている。
前回は確か、渋谷のでかいビルの屋上にいたずらに登ってみたりした。
なんちゃらスクエアには入場料2000円くらい取られた記憶があるが、今回訪れた新宿御苑は500円なのでだいぶリーズナブルだ。
新宿御苑は地図上で見て「大きな緑地がある」くらいに思っていて、これまでさほど気に留めてこなかった。
しかし、実際に足を踏み入れてみると脳内スケールよりもかなり広がりがあって驚いた。
この手の公園は、なんとなく「森と池がある薄暗い空間」という漠然としたイメージ(偏見)を持っていた。
もちろん御苑には森も池もたくさんあるのだが、それよりもだだっ広い野っ原が広がっていることのほうがインパクトがあった。
ビル群の中にぽっかりと開かれた空間があると、余計に広く感じられるのかもしれない。
原っぱとお空と、遠くに望む偽エンパイアステートビルの対比もなんだか良い。

歩く

  • 2022/04/25 03:05
  • カテゴリー:雑記

久し振りに音楽系同人即売会のM3の会場へ足を運んだ。
場所は東京の埋立地にある流通センターで、最寄りの駅はモノレールだったりする。
モノレールの車窓からの人工島の風景も好きなのだが、帰りはなんとなく思い立って徒歩で島を出ることに。
巨大倉庫が立ち並ぶ異様なマップを、ファストトラベル無しで移動していると、なんだかちょっとクラクラしてくる。
そういえば昔、大黒埠頭の倉庫でバイトしていた時も、敢えて自転車で通って同じような感覚を味わったことを思い出す。あの時は埠頭を根城にする野犬の集団に追いかけられたりしたなー、とか(いたんだよマジで!)
人間サイズに作られていないマップは怖い。
野犬は極端な例だが、巨大構造物の影には何か良からぬ者が潜んでいる可能性もある。
そういうリスクは廃墟に通ずるものがあるかもしれない。
だから、冒険心をくすぐられるのだと思う。危険を冒す心と書いて冒険心。
それでいて廃墟と違い全く安全で合法なマップなので、気軽にダンジョン気分を味わえて良いアトラクションだ。

雨音

  • 2022/04/17 23:53
  • カテゴリー:雑記

雨の日は勉強が捗る、という言説にこれまでピンと来たことがなかった。
作業中は大体ラジオをつけるかイヤーマフで防音していることが多いのだが、今日ふと窓を開けてみるとサラサラとした雨の音が。
これか!と初めてピンと来た。
邪魔にならない、心地の良いノイズ。
むしろ意識がクリアになって集中力が高まる感じがする。
これや、これやがな!

しかし、テンションが上がったのも束の間、雨の降り具合の変化とともに音の塩梅が求める感じではなくなってしまった。
仕方がないので、デジタルで調達することに。
雨音系の環境BGをググってみると、流行りなのか作業用なんちゃらだとかリラクゼーションうんたらだとか色々ヒットする。
が、気に入るものがなかなか見つからない。
どの音源も帯に短し襷に長しな感じで、ジャストな物に辿り着けない。「これこれ!」にならない。
とくに、余計な音の成分が気になることが多く、少しでも気になってしまうとループ再生するにはキツくなってくる。

理想の雨音を求め、作業そっちのけで検索すること三十分。そんなものは無いのだという結論に達する(遅い)
雨のちょっとした降り具合の変化でズレてしまうようなストライクゾーンを、出来合いの音源に求めるのは無理があり過ぎる。
ならば、やはりカスタマイズするしかない!
というわけで、とりあえずストライクゾーンに近い音源をいくつかダウンロードし、帯域をカットしたりしながらチューニングしてゆく。
これは……イケる!むしろ、リアルよりもイイ!
継ぎ目も無くせばループ再生用に完璧だ!
フハハ!横着せずに最初からこうすれば良かったのだ!

結果、めちゃくちゃリラックス出来る雨音が完成し、めちゃくちゃリラックスしたのでめちゃくちゃ寝た。
そんな日曜日。

影技

  • 2022/04/10 23:40
  • カテゴリー:雑記

ビジネススーツをクリーニング屋に預けたまま置き去りにしがちである。
そもそも月に数回着るか着ないか程度の使用頻度なので、あまりクリーニングにも出さない。
よって、店に預けるとほぼ毎回忘れる。
そして必要になった当日に、はたと気付くのだ。スーツが無い、無いぞと。(当然替えも無い)
駅前の駐輪場に自転車を止めたまま徒歩で帰っちゃうマンであるところの私にぬかりはなかった。むしろあった。
仕方無いので、行きがけにクリーニング屋でブツを回収し、どこぞの便所で着替えるというソリューションを採用している。
これは実際にやってみると、ズボンを便所の床に接触させずに履くのが結構難しいのだが、毎度繰り返しているせいで既に身体が覚えていたりする。
この感じ、覚えているぞ……!来た来たァ~!となるところまでがセット。

定例会議

  • 2022/04/03 20:35
  • カテゴリー:雑記

今年始めに牛帝氏・赤松弥太郎氏と行ったオンライン新年会をきっかけに、三人で定期的にオンミーティングをしようということになった。
以前はオフラインイベントなどの機会に、なんとなくゆる~く集まっていた我々だったが、ウィルス禍の影響でめっきり顔を合わせることがなくなってしまっていた。
しかし、会えば色々話がある面子なので、数ヶ月ごとにオンライン井戸端会議を実施しようということになったのである。
今日がその初回だったわけだが、お互いの無事の確認と近況報告が出来て良かった。
相変わらずスパイシーで濃ゆい内容のトークで盛り上がり、ウヒャウヒャ笑った。
そして、次回までには私ももう少し面白いネタを仕込んでおきたいなと思うのだった。
ちょっとしたことではあるが、今はそれが貴重な原動力になる。有り難い。

走る

  • 2022/03/27 23:32
  • カテゴリー:雑記

最近あまりにも運動不足なので走ることにした。
起床後とりあえず着替えて走る。
10分程度軽く流すだけだが、目が覚めるので丁度良い。

しかし、ここ二年くらいジブン運用の改善のためにキツネ・オメーンを被ってみたりとか色々ジタバタしてみたが、行き着く所まで来た感じだ。
「走る」は行き詰まった者が採る最後の手段!
ついにリーサルなウェポンに手を出してしまった!

ストリートファイター

  • 2022/03/20 19:50
  • カテゴリー:雑記

喫茶店が満席だったので、コーヒーとクッキーをテイクアウトして公園のベンチでモソモソ食べていたら、クッキーが崩れて欠片が地面に落下した。
いつの頃からか流行り出したオサレ系なオーツ麦のクッキー、美味いのだけれどすぐに崩壊する。ルマンド以上の繊細さだ。

クッキーの面積の四分の一くらいを損失してしまいショックを受けた私だったが、それ以上に騒然としたのは周囲の鳥達だった。
鳥は鳥でもただの鳥達ではない、路上をサバイヴするストリート・トリだ。
奴らは野山を生きる鳥獣の牧歌的な野性味とは違う、都市型の暴力性を持ち合わせている。大物の餌を見つけた奴らは、もはや人間の存在など眼中に無く、私の足元で骨肉のバトルを開始した。

まずはハト同士の争いだった。
ハトは図体の割りにおちょぼ口で確保力が弱いので、3cm角くらいの欠片は荷が重く、壮絶な奪い合いになった。
そこへ乱入したのがスズメだ。
スズメは小柄なくせにやんちゃで、獲物がフリーになった時だけでなく、ハトが確保している際も強引に奪いにゆくアグレッシヴさを見せた。
結局、スズメが機動力を発揮してハトを出し抜き、意外なパワーを以て大容量の餌を木の上に持ち去った。
やるなスズメ……。
ファイナルファイトで謂うところのダグとかブレッド的なモブキャラの代表格だと侮っていたが、最雑魚と見せかけて飛び蹴りを仕掛けてくるタイプの奴だった。

しかし、ファイナルファイトで厄介な雑魚キャラと言えばナイフ野郎だ。
私がコーヒーをすすりながらクッキーの行方を再度確認すると、木の上にスズメはおらず、そこにはドヤ顔ででかい欠片を咥えるヒヨドリの姿があった。
スズメは後ろから刺されたのだ。
そしてヒヨドリはでかい獲物に苦戦しながらも、なんだかんだでクッキーをワイルドに丸呑みしてしまった。
実に図々しい。
ストリート最凶はおそらくカラスだろうが、ヒヨドリはその次くらいにヤベエ奴だと思う。

寝落ち

  • 2022/03/14 05:12
  • カテゴリー:雑記

久し振りに寝落ちした。
寝落ちというのは、長時間の活動の末に睡魔との戦いに敗れ眠りに落ちることだが、思えば最近そういうことをしていなかった。
寝落ちするほど根を詰める集中力が無くなっていたのだと思う。
なので、調子が戻ってきたな、と感じている。
眠いと作業が進まないしエラーも増えるので、基本的には素直に寝たほうが良い。
しかし、睡魔に抗いつつ限界まで考えをこねくり回していると、目が覚めた時にスッキリとまとまっていたりすることが多い。
コレをだいぶサボッてたなー、と反省した次第。

ページ移動

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

性格
2022/05/16 01:25
やっぱり怒っている
2022/05/08 20:39
ギョエン
2022/05/02 04:08
歩く
2022/04/25 03:05
雨音
2022/04/17 23:53

新着コメント

Re:性格
2022/05/16 from 権限がありません
Re:ストリートファイター
2022/03/28 from NOIE
Re:ストリートファイター
2022/03/27 from .
Re:ストリートファイター
2022/03/21 from 赤松弥太郎
Re:寝落ち
2022/03/20 from NOIE

新着画像

過去ログ

Feed