エントリー

ループ

  • 2022/02/27 22:27
  • カテゴリー:雑記

SNSが苦手だ。
的なことを言ったりする自分の意識が気持ち悪くてSNSが苦手だ。
みたいな自意識過剰が気持ち悪くてやはりSNSが苦手だ。
ドグラでマグラなこのドタマが苦手で苦手だ。
というエラーを解きほぐすためのリハビリとして、日課のtwitter投稿やら日曜ブログをやっている。
その日々の訓練の甲斐あってか、少しずつではあるがこの不毛なループから脱却しつつあるようなないような。ないようなあるような。
twitterを自然に使えている人は、1日1投稿するだけのことで何をゴチャゴチャとわけのわからないことを言っているのだと思うだろう。
しかし、発言に過剰に意味を求めてしまうタイプの人間は「おはよう」「良い天気ですね」「眠いから寝ます」とつぶやくことが出来ないのである。(誰も見ていなくてもである)
挙げ句、テキストを1文字も打たず画像のみを貼り付けたりするようになるのである。
向いていない、という一言で片付く事柄ではある。
自身の運営方針としても、向いていないことはなるべくやらないことにしていたりもするのだのが、ここは逃げずに頑張ったほうがいいと、心の片隅に僅かに残留した社会性のゴーストが囁きかけてくるので続けている。
ということを踏まえた上で@FEIF_NOIEのtwitter投稿を眺めてみると、なかなか味わい深いものがある。
気持ち悪い。

賞味期限

  • 2022/02/20 21:44
  • カテゴリー:雑記

賞味期限が2020.10.08の乾き物が発掘されたので、チャレンジしてみようと思う。
乾き物だし、ホラ。保存食的な?
サスティナブルな社会の実現に向け、やってみる価値はありますぜ!
しかし、爆装している機体だってある……ッ!

とりあえず外見に異状は無さそう。
若干、魚醤のような臭いが漂っている気もしないでもないが、元からそういうフレーバーなのかもしれず、比較出来ないのでヨシとする。

実食。
……。
…………。
………………。
……………………。
とくに変な味はしない。
湿気てもいないし、カビてもいないようだ。
……セーフ、かな?かな?

いつか夢見たあの場所

  • 2022/02/13 21:20
  • カテゴリー:雑記

いつか夢見たあの場所、あのシチュに再会した。
と言っても、今朝見た夢の話なのだが。
なんやかんやあって追手が迫る中、私は干上がった用水路に架かった小さな橋の下に潜り込み、ダンボールやボロ布で蓋をして隠れた。丁度寝そべることが出来る程度のスペースに嵌まったまま、息を潜める。
そこで、はたと気付くのだ。
ここ、前にも来たことがある!
ていうか同じことやったことある!!
でもって追手にすぐに見つかった覚えが!!!(ダメじゃん)
そして案の定バレて大ピンチ、というところで目が覚めた。
この一連の流れは、何度か夢で見た記憶がある。伝家の宝刀にして、必勝パターンならぬ必敗パターンだ。
何故にそのようなデッドエンドに自らを追い込むのかわからないが、なんだか好きそうだなという気もする。
オープンワールド系のゲームとかで、狹い場所を見つけて築城して無意味に籠城戦したりするし。
しかし、寝そべってるだけで一体何時間やり過ごすつもりだったんだ……。

笑い含み

  • 2022/02/06 20:06
  • カテゴリー:雑記

ラジオのニュース番組を聞いていて、シリアスなトークの中で話者の声が変に笑いの成分を含んでいる時がある。おそらくは、「笑えるほど重大過ぎる」とか「呆れるほど酷い」とか、不随意なフィジカルの反応で他意は無いのだろうとは思う。
しかし、笑い話じゃない時に笑い成分が声に混ざっていると、内容が興味深くてもなんとなくうるさく聞こえて頭に入り難くなってしまう。
気にし過ぎと言われればそれまでなのだが、気になる。私、気になります。
それと、専門知識を持った人間が「ですから」という前置きに「そんな当然のこともわからねえのかよ(苦笑)」のニュアンスを滲ませてくると、聞く気が萎える。(こちらは他意があるパターン)
どちらも本当に微妙な発音の差なのだが、受け手の捉え方がガラリと変わってしまう。
言葉の音が担う機能は大きく、そして厄介なものだなと思う。そういう受け取り方をする奴が厄介なだけかもしれないが。

自分も気をつけねば……などと振り返ってみるも、ニュアンス云々以前にボソボソ過ぎてどうしようもない。
まずはクリアな発音からなんとかしたい。とりあえずは朗読か。

マルチタスク

  • 2022/01/31 02:01
  • カテゴリー:雑記

マルチタスクが苦手だ。
複数の作業を同時に捌こうとすると、いずれかが疎かに、あるいは全てが片手落ちになってしまう。
というか、現在進行形でなくても予定が色々控えている段階で既に意識が分散して、目の前の物事に集中出来なくなる。
これは今に始まったことではなく、私が幼い頃から持っていた傾向なのだが、近年それがより酷くなっているように感じる。
シングルタスクその日暮らしマンとして極まってきた感がある。
しかしこのままでは、複数作業どころか計画が立て難くて仕方がない。
やはり、ここは諦めず新たな境地を目指すべきだろう。
ハードウェアの資質についてはそんな感じで、基本的に諦めているが、訓練次第ではソフトウェア的にある程度能力を拡張出来るかもしれない。
とりあえず色々ルーティンを作ったりしているのはその一環。

ろじっく

  • 2022/01/24 03:10
  • カテゴリー:雑記

創作活動をする中で、「何も出て来ねえ」みたいなカラッポの状態に陥ることはままある。
そういう時の対処法として、外部からのインプットを増やして穴を埋める、というのをこれまでは定石としてきた。
しかし、インプットをしても心が動かない、となるとかなりヤバイ。
入力しても反応しない。文字通り、センスが死んでいる状態。
ここ二年ほどその状況が徐々に進行して、最終的にはゼロベースで自己の価値観を構築し直す、という工程を経ることでなんとか戻って来られた。
この経験から、コンディションが悪くなった際に立ち戻れる「根源的な足場」を意識化しておくことの重要性を思い知った。
とくに個人で活動していて、無宗旨で、大きな主語のモノに寄り添いたがらない私のような種類の人間は、この辺りのことをきちんとしておかないと、何らかのきっかけで足元がぐらつき易い。(今回の私のケースだと、おそらく加齢と社会状況の混乱がトリガー)
ロジック苦手マンな私は、これまで嗅覚頼みで生きてきたので、本能的な危機回避能力に長けてはいても、論理的な足腰があまりに脆弱だったのだ。
では、現在はきちんと論理化・意識化出来ているのか、というと……まあまだ65%くらいの完成度ではあるが、ゼロよりかはだいぶ良い。少なくとも以前よりはずっとマシになった。
とりあえず今はこの出発点から、何が作れるのか試してみたい。

余談だが「アイデンティティの喪失と再生」をテーマに描かれた作品で、ここ一年で触れて刺さったのは「ノマドランド」「アマゾンズ」「マーダーボット・ダイアリー」。

  • 2022/01/16 22:45
  • カテゴリー:雑記

ダメな時でもとりあえず手は動かそう、ということで、ここ2年くらい模写やらトレースやらを続けていた。
自分の絵を描かなかったのは、本当に何も思い浮かばなかったからで、模写をするにも何をネタにするかで悩んだりする始末。
そもそも自分が何を出力したいのかわからない状態だったので、機械的にルーティンワークをこなしていた感じだ。
しかしそのルーティンが、苦手だった線を引くことの訓練には確実になっていたので、継続していて良かったと思う。
いざ感覚が戻ってきた時に、手が動かないのではどうしようもないからだ。
エンジンは完全に死んではいたものの、ボディーは死守出来たのがせめてもの救いだ。

去年の後半からだいぶ調子が出てきたので、最近は一旦模写をやめて、手癖のみで描くのを試している。
訓練の成果を見るというよりは、ある種の諦めをもって犬死にする覚悟が出来たというか。
結局コイツはあまり上手くならねーなという開き直りがポジティブに作用したというか。
そんなこんなで徐々に出力が可能になってきた。
以前は色を付けるなんてことも全く考えられなかったが、自然とやる気になっているからアラ不思議。
この調子で今年も粛々と。

  • 2022/01/08 23:07
  • カテゴリー:雑記

この一年で飲酒の習慣が復活した。
復活、というか下戸で元々あまり飲んでいたわけではなかったので、新たに身に付いたというほうが正しいかもしれない。


基本的に飲み会でしか酒を口にしない

飲み会でも酒を遠慮するようになる

ウィルス禍で飲み会自体無くなる

日曜にグラス1杯だけ飲むようになる

グラス1杯は多過ぎたので猪口1杯に変更

毎日猪口1杯飲むようになる(今ココ)

といった流れ。
飲酒を始めたのは、部屋でのモードチェンジの手段の一つとして試してみたのがきっかけだった。
そこで気付いたのは、自分は下戸なりに酒が好きなのだということ。
以前は好きでも嫌いでもなく、単に体質的にアルコールに弱いから遠ざけていた。
しかし、自分に適した量をちびちび舐めるのはなかなか楽しい。
最近のフェイバリットは梅酒とウィスキー。
飲み会が無くなった結果、むしろ酒と主体的に向き合えるようになったというのは、なんとも皮肉だ。

2022

  • 2022/01/02 19:52
  • カテゴリー:雑記

新年あけました。
めでたくもありめでたくもなし。

いやしかし、個人的には去年よりは確実にマシ。
とりあえずやる気は戻った。むしろ殺る気。

去年から始めた日曜ブログを振り返ってみると、「であるだじん」(2021/11/29)で書いたように、ある時期から文章の語尾が「です」「ます」から「である」「だ」に変わっている。
この境目くらいがどん底で、それから徐々に吹っ切れて行った感じがある。
丁度「であるだ」に変わった最初の記事「アンチ」(2021/08/16)を書いていた段階では、完全にゲル状生命体になっていたので、数カ月後の現在ひとまず固形にまで復帰出来ている実感があるのは僥倖と言えよう。
ゲル状というのはもちろん比喩ではあるが、復帰の過程で生物レベルの根本的な価値観から見つめ直してアイデンティティーを再構築するハメになったので、表現としては間違っていないと思う。しかしその再構築の工程にはかなり飛躍があり、字面にするとどうにも胡散臭く、ネタなのかアホなのか自分でもよくわからないので、ここでは割愛する。
(10月末頃、赤松弥太郎氏に会った際にグルグル目で披露したらドン引きされた。てか、このコメントなんかムカツクな!過去記事を読み返してトサカにきたぜ!今度新年会で顔を合わせるので物申したい!)

ともあれ、今年も宜しくお願い致します!

てーぶる

  • 2021/12/26 18:41
  • カテゴリー:雑記

新デザインとりあえず完成。
段組みの大枠をどう記述するか、トレンドを調べたりして色々検討してみたのだが……。
結局、tableタグで書いてやった。
というかむしろ、かつてないほど大胆かつ決断的にtableタグを採用した。
ある意味、断固たる究極のtableサイトだと言っても過言ではないかもしれない。
その昔、htmlの師匠に「tableタグを段組みに使うな馬鹿野郎」と口を酸っぱくして言われたことを思い出す。
「tableタグなんてダセェよな」と今時のキッズに煽られたりもした。
だが、ガチガチに静的でミニマルなデザインにしようと思ったらコレでいいのんじゃあ!
ちなみにgoogleで鉄鋼団を検索すると「ページがモバイルフレンドリーではありません」というツッコミを頂くが、知ったことか!!
鉄鋼団は反抗的な化石サイトとして熱狂的回帰を果たすのダ(グルグル目)

・文字コードをutf-8に変更
・ウェブフォントをgooglefontに変更
・画像ボタンを廃止
・Javascriptを廃止
・メールフォームのバージョンを更新

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

性格
2022/05/16 01:25
やっぱり怒っている
2022/05/08 20:39
ギョエン
2022/05/02 04:08
歩く
2022/04/25 03:05
雨音
2022/04/17 23:53

新着コメント

Re:性格
2022/05/16 from 権限がありません
Re:ストリートファイター
2022/03/28 from NOIE
Re:ストリートファイター
2022/03/27 from .
Re:ストリートファイター
2022/03/21 from 赤松弥太郎
Re:寝落ち
2022/03/20 from NOIE

新着画像

過去ログ

Feed