エントリー

質問補足 Kinoko以前

  • 2012/05/16 22:11
  • カテゴリー:雑記

「フリーゲームあの人に聞きたい!」質問補足ラスト。
Kinoko以前の作品についてちょろっと書いてみようかと。

Kinokoシリーズの安岡巧や田児作の楽屋ネタ元であるラジオドラマについて書き込みがありましたが、Kinoko3連載版のあとがきか何かで触れたんでしたっけ…?
アレは正真正銘の封印ネタです(笑)
鉄鋼団が発足する遥か以前の内輪のみの非公開作品で、「小話ノート」に匹敵するデスノートであることは間違いありません。
しかもBGMがアリモノという制約もあり、かつ記録メディアがカセットテープ(!)という物理的なプロテクトがかかっているので手が出せません。というかどこに保管されているのかも不明。願わくばこのまま発見されないことを切に祈ります…。


ファイル 305-1.jpg
「トト」~46億X回死んだ猫と少女~
Kinokoの直前に作っていた、ブラウザで動くノベルゲーのシリーズです。


ファイル 305-2.jpg
童話「100万回生きたねこ」のオマージュ(?)作品で、少女「トト」と猫「ミスタ・ビスマルク」が転生を繰り返しながらトムとジェリーのように仲良く喧嘩するお話。


ファイル 305-3.jpg
各話一回だけ三択の選択肢があり、それぞれが超展開となり来世へと続くという流れ。
発掘して起動してみたところバグって動かなかったんですが、とりあえずソースを開いて見たところ46億1話の選択肢は

1.歌を歌って路銀を稼ぐ
2.荒稼ぎする
3.とりあえず猫喰っとく

でした。
ノリ的にKinokoの原型とも言える作品で、Kinokoに養分を吸われた形で未完となっております。

ページ移動

コメント

クル

多分に狂気を含む三択とスクリーンショットに、後のkinokoシリーズの片鱗を感じました。

  • 2013/09/13 05:22:06

エキストラ

二枚目のスクショにKinoko的なものを感じました
「世の中はクソッタレですし私もクソッタレですよ」みたいな表情がステキ

  • 2013/09/13 05:22:06

NOIE

掘り返してみて、当時のダウナー気分がなんとなく思い出されました。
一部楽曲がアレンジされてKinokoに使われていたりと、直接Kinoko製作の伏線にもなっていますね。

  • 2013/09/13 05:22:06

森広

グレネードを投げつけるのではなく、
相手をグレネードに押し付けるような暴挙を感じる。
投げやり感とも言えますが。

  • 2013/09/13 05:22:06

NOIE

元々爽やか風味なギャグ無しのノベルゲーを作っていたんですが、それに挫折した反動から大逆走してしまったのです。
発掘の際に作りかけのお蔵作品のほうも同時に発見され、とてもジューシーな気分を味わいました…。

  • 2013/09/13 05:22:06

暴君

パンドラの箱は実家にあったりするが、テープの劣化で聴けるかに関しては疑問だ・・・
ただ一つ言えることは、素晴らしい作品だった。
お前は胸を張っていればいいんだ。

  • 2013/09/13 05:22:06

弱最弱人

高校時代に書いた小説、途中まで劣化版乙一のような文体で進むんだけど、途中で激変するんだよなあ。ぜったいKINOKO2のせいだ

  • 2013/09/13 05:22:06

NOIE

乙一からKinoko2にはグラデーション出来ない気が(笑)
急な温度変化に金魚全滅です。

>パンドラの箱
ギャッ!

  • 2013/09/13 05:22:06

ルネッサンスO-KURA

パンドラの箱、うちにもあるかな。。

  • 2013/09/13 05:22:06

NOIE

君がその名前で出演している作品もどこかに…(ガクブル)

  • 2013/09/13 05:22:06

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着コメント

Re:ホワイトボード落描き
2020/06/30 from 権限がありません
Re:ホワイトボード落描き
2020/06/30 from 権限がありません
Re:ホワイトボード落描き
2020/05/26 from 塩八
Re:ホワイトボード落描き
2020/05/18 from GUNVIXEN
Re:STARLIKE開発の現状と今後について
2020/05/11 from NOIE

新着画像

過去ログ

Feed