エントリー

弩根性(再) 後編

  • 2011/04/20 20:21
  • カテゴリー:雑記

弩根性カルピスリベンジ・後編。いきなりの最終回!
というのも、カルピスの指定場所配達イベントの募集が打ち切りとなった、3/11までに応募して下さった一般ユーザの方は、実はただ一人だったのである。
つまり配達の方の総応募者数は、身内1名、ユーザ1名の計2名!そりゃ前後編で完結するわ……。
とはいえ、こんな謎企画によくぞダイヴして下さった!という感じだ。

勇者現る。
しかも、LVMAX!!
なにせ先方が指定してきた配達場所が、「ヘタレゲー」Kinokoシリーズの聖地(笑)の一つ、鶴見は馬場四丁目公園である。
気合い入りまくりだ……。

それもそのはず。
彼は以前、自作のKinokoフィギュアを作ってくれたあの人なのだ。目標内部に高エネルギー反応である。

だが、指定場所が公園というのは、ヤバイ。
子供とママンの集団がいるよ!
客人を歓待する準備をするべく、指定時刻よりかなり早く公園に着いた一行が目にしたものは、悪夢のような眩しい光景。
そこに黒ツナギの集団が、大量の荷物を背負ってドカドカ入っていっていいものなのか?いや、良くない!
ポリスメーンを呼ばれる!と、ガクブルするNOIEとKaiに、団員Keithは言った。

「大丈夫だ。俺は何度も通報されてる。俺を信じろ」

いや、マテ。
ウェイト!!

……しかし、公園の王たる者の風格はホンモノであった。
奴は何食わぬ顔でふらりと公園に足を踏み入れると、ベンチに座ってくつろぎ始めたではないか。
Keithサン!!
おっかなびっくりKeithに習うNOIEとKai。
そして──。


ファイル 221-1.jpg
わりとすぐに悪ふざけし始めた。
なんかKeithとKaiは地面に土俵を描いて相撲を始めるし……。フリーダム過ぎるぞ!
Keith曰く「公園なんだから、遊んでいるぶんには文句は言われまい」
正しい……のか?
ちなみに三人の容姿はそれぞれインテリヤクザ、サムライウォーリアー、ビーバップハイスクール(順不同)である。


ファイル 221-2.jpg
そして、宴の準備は始まった。
「指定場所に来たら、先に待っていた鉄鋼団が鍋をやってるって面白くね?」
という酒の席での誰かの発言が、まさか現実のものになろうとは……。
コレ、ガチでやってます。

リアルKeithの公園王パワーによるものか、花見でもやっているかのようにその光景は意外に舞台に馴染んでいた。
というか、結果から言うと特に何も問題は起こらなかったのである。ミラクルか。


ファイル 221-3.jpg
そこへ満を持してゲストが登場!
奇才・妻科心毒氏現る。
ゲストが遠目に我々の姿を見た時点で速攻引き返す、というケースも懸念されていたので、一同大盛り上がり。

しかし三人がなにより驚いたのは、実際に会った彼が我々の予想を大きく裏切り、すごくまっとうな爽やかイケメン好青年だったということだ。裏切られた予想というのは無論、我々の失礼極まりない想像(妄想)である。スミマセンデシタ……。

が、油断してはいけない。
彼の腕に巻かれているアレは一体?!
STARLIKEの"特公"鮫島オーランドの腕章……ていうか、やっぱお手製ですか?!
公園鍋の対空砲火をかいくぐり、鮮やかにミサイルを打ち込んできた勇者LV99。ぱない。


ファイル 221-4.jpg
カオス会始まる。
乾杯。そして公園の王が振舞う水炊き風キノコ鍋に舌鼓を打ちつつ談笑。最早プレゼントの配達は二の次な状態に。
仮面を付けてパシャリと一枚。酷くシュールな画だ……。
ちなみに周囲では子供が普通に遊んでいたりする。が、とてもではないがそちらにカメラを向ける勇気は無かった。

客人は全力でもてなすのが鉄鋼団の流儀、とはいえこれはアグレッシヴ過ぎたような。
それにしても何故妻科心毒氏は昼間の公園のような危険地帯を、指定場所にしたのか。

「応募した時ちょうど酒が入っていて、勢いで……」

酒の席でノリだけで決まった企画には、ベスト過ぎるアンサー。


ファイル 221-5.jpg
その後、ゲストを車で拉致し二次会へ。
ファミリーとカップルが跳梁跋扈するオサレなショッピングモールのオサレなキャフェーにて、製作所「鉄鋼団」とクライアントのミーティング風景を演出。
どうしてこうなった。

かくして、公園鍋に始まりオサレキャフェーの強襲で終わるという、リアルKinokoとも謂ふべき不条理と混沌の宴が、この日この世に現出したのであった。

鉄鋼団の無茶振りに笑って付き合って下さった氏には、心から感謝と敬意を。
おまけに凄いお土産も頂いてしまったし!
いや、本当にありがとうございました。

ページ移動

コメント

妻科心毒

イベント中何度も言いましたが、本当に楽しかったです。今までのイメージに勝るとも劣らぬ混沌っぷりに“本物”を感じました。これからの益々の活躍期待しております!

  • 2013/09/13 05:22:06

NOIE

こちらこそ、とても楽しかったです!
「日和るな」をこんな形で実践するとは思いませんでしたが(笑)
なんというか、新鮮な原動力を頂けた感じです。

  • 2013/09/13 05:22:06

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着コメント

Re:ホワイトボード落描き
2020/07/14 from 権限がありません
Re:ホワイトボード落描き
2020/05/26 from 塩八
Re:ホワイトボード落描き
2020/05/18 from GUNVIXEN
Re:STARLIKE開発の現状と今後について
2020/05/11 from NOIE
Re:STARLIKE開発の現状と今後について
2020/05/06 from 名無し

新着画像

過去ログ

Feed