エントリー

Kinoko3制作後記 序

今更ながら、Kinoko3の制作後記を書こうと思い立ち、コーナーを作りました。
Kinoko1・Kinoko2の完成時には、それぞれ制作後記をサイトに掲載しており、Kinoko3完成時も制作後記を書く予定はあったのですが、なんとなく書きそびれてしまい、はや三年が経ちます。
実際は、なんとなく書きそびれたわけではなく、作者がKinokoアレルギーに罹患していたからだったりするわけですが。

鉄鋼団制作のWindows用ゲームKinoko3は、シリーズの完結編として「とことんやりきる」のを目標に作られたのですが、結果製作者当人の予想をも遥かに超えてやり過ぎてしまったため、その反動が著しく、完成後しばらくは見るのも嫌という状態になってしまいました。
クラウザー様並の悪魔玉を吐き出すことには成功したものの、その混沌なる塊を私は正直持て余しました。コレ、どうすんのよ……と。
それからも、自作に対しなんだか「上手く距離を置いて見られない」状態が続き、見てみぬ振りをしながら過ごしていたように思います。

そして完成から三年が過ぎ、流石に今では不肖の息子とも「和解」が成立して久しいです。が、それと同時にサイト上から彼奴等をフェードアウトさせる気も満々であり、密かにサイトのプロフィールの欄に「アレは黒歴史にしたい」などと記述していたりもしたのですが……。

ユーザー様からお叱りのメールを頂きました。
「珍味(うま)いと言っている人間もいるのに、コック自身が不味いと言うとは何事か」と。
これには恐ろしく目を覚まされました。全くその通りであると。
いかにアレな内容であろうとも作者自身がケチをつけるのは反則というものでしょう。VガンダムのDVDを買って何が悪い!
というわけで鉄鋼団の標語「退かぬ、媚びぬ、省みてヘコむ」の通り、己が奢りを省み、きっちりヘコみました。……申し訳ございません。

しかし、鉄鋼団はファンレターを多く貰うようなサークルではないですが、メールをくれた方は皆、お叱りも含めきちんとした感想や意見を書いて下さるので、とても感謝しています。本当にちっぽけな弱小創作サークルではありますが、ユーザーの方々には恵まれ、支えられているのだなと改めて思います。

そんなわけで、水面下で動いていたKinoko黒歴史化計画は頓挫しました。
そして、Kinokoをブラックボックスに押し込めるのではなく、今一度ちゃんと向き合うことで本当の意味での完結にしたいな、と考えを改めこの制作後記を設けることにしました。

長くなりそうなので、何回かに分けてちびちび書いてゆこうと思っております。

ページ移動

コメント

パンピー

楽しみにしておりました

受験真っ盛りの高3の頃Kinoko3をやらせていただき沢山笑って沢山燃えました
本当に面白いゲームでした

気に入らないのはサントラの値段くらいです

  • 2013/09/13 05:22:06

NOIE

受験シーズンにKinoko3!
盗んだバイクで走り出すより危険な暴走行為ですね。
ありがとうございます。血涙が出そうです。

サントラの価格はやはり高かったでしょうか?
Kinoko1、Kinoko2のCD-ROM版が\100、\500だったので、「この値段でどのくらいの人が買ってくれるのか」という試金石的な意味合いを込めて\500以上に設定しました。
今後はお求めやすくする上でも、有料コンテンツを作る際は発売前にアンケートで要望を募りたいですね。

  • 2013/09/13 05:22:06

くじら

Kinokoシリーズと遭遇したのは、某うさみみ創作サイト様で紹介されてたのがきっかけでしたが・・・1作目から3作目まで、ここまではまったゲームは初めてでした。特に馬マンの衝撃が今だに巨大デス・・・w

2からのヒメジーと曲の熱さにもどっぷりと惚れちゃいましたしね。3はさらに熱かったし・・・♪アミバ(うちの子の名前)もかあいいっ!というかもう、Kinokoが好きだ!そして鉄鋼団が大好きすぎて困ってマス!w

サントラと完全版、買おうか迷ってたんですが、ふと内容紹介見たら「Kinoko0」「Kinoko4」の字を見てしまった・・・まとめて丸っと買うと瞬間的に決めてしまいましたぜ。やるのが激しく楽しみです。そして、新作の続きとカオスな雑記、いつも楽しみにしています。これからもある意味、素敵な鉄鋼団でいてください^^

  • 2013/09/13 05:22:06

NOIE

ありがとうございます。
Kinokoシリーズがそうまで言って頂ける作品になるとは、制作者としても予想だにしなかったことです。
自己満足を極めることのみを追求したシリーズが、いつの間にかちゃんと誰かの楽しみになっていたというのは、Kinokoシリーズの制作過程で得られた最も大きなことだったかもしれません。そういう意味でも作って良かったな、と思えます。

完全版とサントラの価格設定は、制作当時のテンションを反映してかなり熱いですが、貴重な投資は決して無駄には致しません。無駄が一杯のカオスな作品を生み出すエネルギーに、余す所無く変換してゆく所存であります。

  • 2013/09/13 05:22:06

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

開発状況
2019/09/15 22:04
STARLIKE Ver.4.5X
2019/06/27 21:36
STARLIKE 第拾弐話
2019/05/11 22:59
〆切
2018/12/25 20:59
セプテンバー
2018/09/09 12:22

新着コメント

Re:開発状況
2019/09/20 from NOIE
Re:開発状況
2019/09/16 from 赤松弥太郎
Re:STARLIKE 第拾弐話
2019/05/31 from NOIE
Re:STARLIKE 第拾弐話
2019/05/22 from 塩八
Re:STARLIKE 第拾弐話
2019/05/21 from LF

新着画像

過去ログ

Feed