エントリー

カテゴリー「STARLIKE」の検索結果は以下のとおりです。

テキスト修正


4月からのリリースを予定しているSTARLIKEの再連載版では、テキストの修正も若干行っています。報告を頂いている誤字脱字の修正の他に、前から気になっていた漢字の表現の統一をこの機にやってしまおうと思っております。

STARLIKEは製作過程でテキストの捉え方が変わったため、現バージョンでは前半と後半で表現が不揃いになってしまっています。
最初期はテキストを「節子の地の文」という体で書いていたのですが、途中から「翻訳」という解釈に変わり、敢えて平仮名を多用するといった小技は使わなくなりました。これは単純に読みやすさに配慮した側面もありましたが、ストーリーが進むにつれ「地の文」では表現しきれないことが増えたのも大きな理由です。

また、当初予定に無かった第二部の設定を含めるか否かで、かなり作品の舞台設定が変わるため、第二部が念頭に置かれるようになってから作品世界の言語に関する解釈もだいぶ違うものになりました。
現在STARLIKEのテキストは色々な意味での「翻訳」ということになっています。
などと、そんな裏事情はマクロ的には割りとどうでもいいことだったりしますが、書き手としては突き詰めて考えてゆくうちに色々と面倒に当たるものですね。

再連載について


なんだかんだと先送りになっていたSTARLIKEの「再連載」ですが、第玖話も公開し一段落ついたのでそろそろ取り掛かろうと思います。

それにしても9話があんなに難産になるとは思いもよりませんでした。
製作者としては第8話が峠だと思い込んでいたので、完全に油断しておりました。
7・8で前後編、などと以前後書きに書いていましたが、結局7・8・9で前中後編という構成になってしまいましたね。そして、7~9が大きな括りとなったため、全体を通しても二部構成をはみ出て三部構成になった感が……。
「皇星編」に続いてリリース予定であった製品版「星奉編」もどんどん先の話に!

当初は製品版の「後編」リリース時に「前編」のバージョンアップも行う計画だったのですが、思わぬ「中編」が挟まってしまったので、ここで一度現行システムに更新しておこうと考えました。
フリー版の再連載はそのための準備となります。公開デバッグ的な意味合いが強いですが、フリー版自体の質の向上を図るためでもあるのでご容赦下さい。

再連載は4月からのスタートを予定しております。
再連載版は、現行第9話のシステムを反映したものになります。また、第2話からの育成システムにも手を入れ、かなり大掛かりなアップデートとなります。
引継データの互換性は保持されますが、育成の効率やゲームバランスもだいぶ変わってきますので、旧版でプレイしたい、という方はお早めに確保して下さい。
ただ、次期バージョンはガイド機能・情報表示の強化やコンティニュー可能な難易度の追加など「遊び易さ」を追求した変更を行うので、快適さを求める方には再連載版をお勧めします。

おゆのみ


STARLIKE第玖話のエピローグの追加エピソードにしれっと使われている湯呑。
これは「Raura」のPVに登場する、「Imitation」の歌詞が書かれたヤツだったりするのですが、ナトリが手にしているものは実は実写です。

以前フリゲれびゅわー・赤松弥太郎氏から頂いた衝撃のお中元を逆輸入させて頂きました。
先日赤松さんとお会いした際にネタバレしたのですが、氏曰く画像を見た瞬間に黒い疑念が湧いたそうで、なんというか信用されてるなあ、と……。
勘は見事的中しておりましたよ。

番外編の小道具が本編にも顔を出す、というのはよくあるお遊びですが、立体化を経てからの登場はあまり無いパターンかも?

STARLIKE 第玖話

ファイル 375-1.jpg
STARLIKE 第玖話を公開致しました。
こちらはダウンロードページから入手頂けます。
プレイにはMicrosoft DirectXのインストールが必須となります。
DirectX無しで動作させた場合、戦闘アニメーション等の描画がかなり重くなってしまいます。(シリーズ共通)

Ver.1.00ではダイジェストを再生する「ストーリーモード」は含まれておりません。
ストーリーモードは今後のバージョンで実装する予定です。


※追記 2/1
Ver.1.00は戦闘での一部パターンで、ファイル参照エラーによる強制終了が発見されています。出来れば本日2/1中にアップデートにて対応したいと思います。
大変御迷惑をおかけし申し訳ございません。
エラーについてご報告くださった皆様ありがとうございます。

※追記 2/3
Ver.1.02のバージョンアップは2/3中を予定しております。
また、ストーリーモードを実装したバージョンは2/7リリース予定です。

※追記 2/22
クリア後に仕合準備画面のセーブデータをロードしても「auto」「skip」ボタンが読み込まれないエラーは、Ver.1.08で修正されていますが、Ver.1.07以前のセーブデータをロードした場合、星札確認のボタンの表示位置がずれた状態になります。
これは一旦、星札や壊札の画面に切り替えて戻ることで
Ver.1.08の画面表示を読み込み直すことが出来ます。

Ver.1.08から対戦相手の星奮に「回避不能」などのカード耐性が付きました。
これまでは難易度を調整するため、性能を若干落としていたのですが、
戦闘ミッションを分かり易くしたことと、復活コンティニュー可能な難易度「易」を導入したことにより余裕が出来たと判断し、元々の仕様に戻した形になります。


------------------------------------
Ver.1.08
■健康診断で黒札をコンプリートした際に黒ダム札が所持状態とならないエラーを修正
■星札一覧のダム札・黒ダム札の表示を修正
■クリア後に仕合準備画面のセーブデータをロードすると「auto」「skip」ボタンが読み込まれないエラーを修正
■「十字姫花天牛」で不殺判定が発生した際のモーションを修正
■「七支天衝」のカード耐性を追加(ガード可 回避不能 相殺可)
■「九尾教鞭」のカード耐性を追加(ガード不能 回避可 相殺可)
■「第三接触」のカード耐性を追加(ガード不能 回避不能 相殺可)
■「摩利支天砲」のカード耐性を追加(ガード不能 回避可 相殺可)
------------------------------------
Ver.1.07
■シナリオに7月14日のエピソードを追加
■仕合準備画面「auto」を実装(クリア後選択可能)(戦績記録無し)
■仕合準備画面「skip」を実装(クリア後選択可能)(戦績記録無し)
■「九尾教鞭」「第三接触」のモーションで破壊後部位が表示されるエラーを修正
■ストーリーモードでの「第五元素式奇環砲密集陣」のモーションで破壊後部位が表示されるエラーを修正
■「スパルたんXYZ」「スパルたんXXX」を「カンナヅキ」付与の「無刃」で絶対回避した場合、スパルたんの暗器モードが解除されないエラーを修正
------------------------------------
Ver.1.06
■ジョーカーのワイルドカード選択時、即時系壊札が有効の場合使用選択に自動で移行するよう修正
■「第五元素式奇環砲密集陣」のカード数字によるダメージ倍率を難易度毎に再設定
■ストーリーモードの戦闘ダイジェストを一部修正
------------------------------------
Ver.1.05
■ストーリーモードを実装
■練習仕合で赤十字の「双重颪」を壊札「カンナヅキ」付与の「無刃」で相殺時2枚目カードが残るエラーを修正
■練習仕合でプレイヤーのHPが半分になっても流血状態にならないエラーを修正
■部位破壊時の「第五元素式奇環砲密集陣」のモーションを修正
■誤字脱字を修正
------------------------------------
Ver.1.04
■即時系壊札を使用時、自動でのカードセットが暴発するエラーを修正
------------------------------------
Ver.1.03
■ジョーカーのワイルドカード選択時、マウスオンでの壊札プレビュー表示を実装
■ジョーカーのワイルドカード選択時、右クリックでキャンセル出来る仕様に変更
■ジョーカーの効果選択後、自動でカードがセットされる仕様に変更
■得物のカスタマイズ選択時右クリックで退店出来てしまうエラーを修正
■「臨死応戦・再臨」の「アマ補正」表示を「難易度補正」に修正
■セーブデータ互換性についての注意書きポップアップ時にテキストが被るエラーを修正
------------------------------------
Ver.1.02
■難易度表記を「易」「難」「鬼」に変更
■難易度「易」のみゲームオーバー時復活して仕合続行出来る仕様に変更
■コンディション表示の時限表示を実装
■星奮待機状態の時限表示を実装
■「臨死応戦・背臨」後毒手の性能が全体的に上昇する仕様に変更
■本体に対し毒手の付着率が1.2倍、持続ターンが+3になる仕様に変更
■箒星戦では「臨死応戦・背臨」発動時の会話イベントは発生しない仕様に変更
■「無刃」のイベントを即起こした場合、前段階のイベントはスキップされる仕様に変更
■スペードの毒手付着が解除時にコンディションの表示残りが発生するエラーを修正
■対戦相手のHP回復が戦績の最大与ダメージにカウントされてしまうエラーを修正
■ターン数が99を超えると強制終了するエラーを修正(999でカンスト)
■「真・血奉十字」の説明文のHP使用範囲を100~500に修正
■状態確認画面の戦闘能力詳細で星乗状態の最大HPの計算が間違っているのを修正
■「双重颪」をジョーカーで相殺すると強制終了するエラーを修正
■ベガの「照魔鏡」の相殺発生時強制終了するエラーを修正
■仕合終了時の星のアニメーションが画面に残るエラーを修正
■仕合終了後のストーリー中にセーブすると強制終了する場合があるエラーを修正
■シューティングスターの等星表記を三等星に修正
■セーブ/ロード画面にバージョンアップ時のセーブデータ互換性についての注意書きを追加
■誤字脱字を修正
■あとがき追記
------------------------------------
Ver.1.01
■壊札「ジャッカル」を使用すると強制終了するエラーを修正
■対戦相手の素手攻撃のモーションを修正
■対戦相手のHP低下時の形態で素手攻撃が繰り出されると強制終了するエラーを修正
------------------------------------

ご挨拶


あけましておめでとうございます。
新年最初の更新でSTARLIKE第玖話(9)の公開告知をする計画が見事に失敗したので、実に中途半端な時期のご挨拶となってしまいました。

後少し、後少しと言いながらずるずると作り続けております。
が、昨年12月に行われた某ミーティングにて「1月中には必ず」という宣言をしてしまったので、1月リリース決定です。
などといいつつもう月も半分以上過ぎているわけですが……!
この期に及んでまだ絵とか増やしてるわけですが!
死ぬ気で頑張ります("q")

追記:
STARLIKE第玖話(9)は1月中リリースの予定でしたが、急遽1/31夜に知人を交えてのデバッグを行うことに致しましたので、公開日を2/1(日)に延期とさせて頂きます。
締切を宣言しておきながら、誠に申し訳ございません。

製作状況


STARLIKE第玖話(9)、ガリガリ鉋で削り出しております。
9月頃から焦り始め、年内リリースを目処にギアを入れてきたのですが……。
若干厳しい状況ではあります。
10月の段階ではゴールが見えていたのですが、見えた瞬間からの内容の詰め込み具合がおかしなことになってしまい、ずるずる作り続けてしまっている感じです。トップギアに入るとむしろ距離のほうが伸びてしまい、ゴールが逃げてゆくというフシギ。
とはいえ、そろそろ出ます。出します。

つうじょうかい


STARLIKE第玖話(9)を作りながら、ふと、ここが作品そのものの大きなターニングポントであることを強く意識したので、心境などつらつらと書き留めておこうと思います。
おそらく振り返った際に記憶にガードがかかって思い出せない部分ってこの辺りじゃないかしら、という気もして、メモ的に。

第9話を製作していて何か既視感のようなものを感じているのですが、これはたぶん第2話を作っていた時とかぶっているのだなあ、と気付きました。
STARLIKEは元々、活動休止明けのリハビリを兼ねて作った出オチのネタゲーであり、第1話を公開した段階でスパッと打ち切りにするのもアリだなと考えていました。
その後全体の構想が浮かんでしまったがために第2話と続け、ここまで引っ張ることになったわけですが、今また改めてその時のドキドキ感を味わっております。
それは「マジで続けるのコレ?!」というドキドキですね(笑)

本作は二部構成で、第7話からが後編にあたります。
そして7・8が後編の長いプロローグ、というような構成となっているため、その次である9が謂わば「後編の第2話」に相当します。特に1と8のエピソードが対になっているせいで、製作者としては現在第2話製作時の気持ちを反芻している感が強いです。
「打ち切るなら今だぞ!その先は明らかにキルゾーンだぞ!」というゴーストの囁きが聞こえまくりです。

正直なところ、打ち切りではないにせよ9をラストにして幕を下ろすという案も考えました。(構想では全13話くらいの予定)
7・8で製作者が全力投球し過ぎたため主人公と同じようにぶっ倒れてしまい若干弱気になったのもありますが、ストーリーのテンション的にも8の次をラストにするのはアリだという見方は出来ました。展開が多少急にはなったとしてもここでそれなりの最終話は作れるぞ、とプロデューサー・ディレクターは囁いております。
しかし、「それでは意味が無いのんじゃあ!!」と、シナリオ担当・音楽担当がプロデューサー・ディレクターの首を絞め始めたので、やっぱり全部詰め込みます!
「弱腰なのは貴様かー!」「グワーッ!」(注:個人の中の葛藤です)

結局、第2話の時と答えは変わらないようです。
何故ならば、「それなり」では目指す「大団円」には程遠いからです。
本作は、基本的にバッドエンドと爆発オチしか作らない製作者が「容赦の無い大団円」を目標に挑んでいる作品でもありますので、中途半端ではイカンのです!
尺一杯まで使って余すところなくハッピーエンドを実現しなければ作る意味が無い!
自分で書いておきながら限りなく嘘っぽいけど、嘘じゃない!きっと!(笑)

そんなわけで、復路も改めて決断的に踏み込んでゆく所存であります。

Ca-Co


STARLIKE挿入歌「Ca-Co」
唄:須々木倫太郎 原曲/詞:NOIE 編曲:須々木倫太郎

「Ca-Co」をYouTubeニコニコ動画で公開しました。
こちらはRauraに続き手描きのループアニメーションによるPVとなります。
楽曲はflamboybandに担当して頂きました。

この曲は私が10年以上前に書いた曲で「Kinoko」シリーズでインストゥルメンタルバージョンを使用したのが初出です。
当初から歌モノとして想定されており、詞と同時に思い付いた曲なのでいつかちゃんとボーカルアレンジをしたいと思っていました。
が、なんだかんだと機会を逸し、カッコーはなかなか真の姿を得ることが出来ずにいました。それが「STARLIKE」において10年越しの完成を果たすに至ったのは感無量です。
Ca-Coを立派に飛び立たせてくれたflamboybandに感謝!
最高の縁に恵まれたと思っております。

アレンジを含め曲製作全般を務めた須々木倫太郎さんは、曲のイメージをとても気に入ってくれ、気迫の篭った曲に仕上げてくれました。
「きっと 伝わるよ 僕の足音 空の果てまで」という一節を歌詞に添えたのは彼です。
STARLIKEのストーリーの「谷」の挿入歌として、励まされる感じがとても好きです。

余談ですが、ホトトギスはカッコウ目・カッコウ科の鳥らしいです。
STARLIKE 第捌話の「不如帰盾」はアイギスの盾のもじりだったのですが、カッコーとも繋がってちょっとびっくりしました。
Ca-Coは架空の鳥のイメージですが、そんなわけで動画の鳥はホトトギスの素材を使っています。

【関連リンク】
flamboyband

STARLIKE 第捌話 Ver.1.07

STARLIKE第捌話 Ver.1.07をリリース致しました。
エラー修正がメインとなります。

------------------------------------
Ver.1.07
■「血奉十字」でHPを0まで支払える場合があるエラーを修正
■データの引継で故障状態が解除されないエラーを修正
■オーバーヒートゲージが上限を超える場合があるエラーを修正
■毒ダメージのヒット時に星奮ゲージが上昇するエラーを修正
■星札効果一覧で「皇札」「ダム札」も表示するように変更
■状態確認画面で「ダム札」の2枚目が表示されないエラーを修正
■仕合中最大HPが更新された状態で回復を行うと元の最大値に戻ってしまうエラーを修正
■修行のオーバーヒートポイントが最大HPに反映されないエラーを修正
■星奮ゲージのバー表示のカラーを青に統一
■不殺判定時に第漆話のチュートリアルが表示される場合があるエラーを修正
■「無刃」のダメージで対戦相手の星奮ゲージが上昇しないエラーを修正
■対戦相手に毒手以外のバッドコンディションが付着した際に毒手のイベントが発生する場合があるエラーを修正
■星乗時の「紅蓮愚連撃」の二撃目の威力を上方修正
■柴神社の「悪食」で消去した黒星札の累積枚数が保存されないエラーを修正
------------------------------------

nothing really...


【自主制作アニメ】nothing
STUDIO LiNK



STARLIKE 第捌話の河原の場面で使わせて頂いているmozellさんの楽曲
「nothing really...」。
この曲は元々自主制作アニメ「nothing」のために作られた曲で、アニメ本編も「nothing really...」のフルコーラスに乗せた構成となっています。

私はこの作品がとても好きだったので、楽曲が「もぜ楽2」に収録された時は思わずガッツポーズを取ったわけです。
しかしアニメの印象が強かったので、自作品に使ったりはしないかなあ、と正直思っていました。あと、好きなものを汚したくないというか(笑)

……それが結局この体たらくですよ!
よりによってあんな場面にハメてしまうとは……。
いやー、奇しくも小さな女の子とお兄ちゃんのお話という共通項を持ちながら、どうしてあんなことに(棒)
だが、曲からシーンを閃いたこともまた事実ッ!

アニメの「nothing」という意味にはとても温かい意味が込められています(観て下さい)
しかし方や、STARLIKEの方は……(プレイして下さい)
曲の聴こえ方が全然違いますよ!

【関連リンク】
もぜ園
STUDIO LiNK

ページ移動

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着コメント

新着画像

過去ログ

Feed